Return to site

子どもらの夏やすみ

大学生の息子が先週水曜日に帰省。翌週月曜に戻る。

高校生の娘はとうに夏休みに入っているけれど、毎日部活や課外やらでほとんどふだんと変わらない朝。ただ帰りは少し早いくらい。

いまは風邪をひいて、喉がいたそう。

 

書店で見つけた絵本を友人に送った。

郵便をつくるのは楽しい。

今年は暑中見舞いの葉書も数枚書いた。

 

郵便料金の値上げで、昔からの切手を使うには細かな金額の切手が必要。

絵本を送るのにかかったのは250円分。

80円の夏らしい切手3枚に1円切手を10枚。

 

 

大学生ボーズは帰ってきてひたすら食べて寝ている。

話もほとんどしない。

いつも音を鳴らしている。

スマホが常にそばにある。

 

高校生娘っこは勉強になかなか集中できず

音楽を聴いてリラックスしている。

 

自分のときの高校生活は何をしていただろう。

確かに親と話しをするなんてことはほとんどなかった。

 

毎日とても暑く、休みの日はクーラーの生活。

暑いと頭が働かない。

働かせなくてもいいのかとも思うけれど、

生産的なことも休みとはいえしたい。

 

暑くて天気がいいと洗濯物がすぐ乾くのはいい。

 

どこにも行かず

家にばかりいるけれど

ひとり増えた家族と食卓を囲むのは楽しい。

ごはんがどんどん消費される。

 

あと一回寝たら、ボーズは帰る。

駅まで送る。

明日は平日。仕事だ。

 

 

 

 

 

 

 

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly